横浜でウィークリーマンションを利用したときに考えること

横浜で仕事があるけれど短、中期の滞在でよいという時にはウィークリーマンションの利用が便利です。横浜には沢山のウィークリーマンションがあります。その中でもよく利用されるウィークリーマンションにはいくつかの特徴があります。一番気にかかることは、やはり費用です。ウィークリーマンションは1週間からの賃貸が一般的です。1週間の短期間は1日当たりの家賃が高く、長期になればなるほど1日当たりの料金が安くなります。1年間の長期になると、普通の賃貸マンションを契約するということも考えなくてはならないぐらいの長期間です。でもマンションの契約になると、煩わしい手続きがあり、ウィークリーマンションの手軽な契約とは訳が違います。何年も住む予定のない場所は、契約や退去が簡単なウィークリーマンションがお勧めです。

駅や職場からの距離を考えて選びたい横浜のウィークリーマンション

仕事優先で移動時間がもったいないと思う人は、駅の近くのウィークリーマンションを選びましょう。新幹線などを時々利用しなくてはいけないのなら新横浜駅周辺、電車利用ならその他の駅周辺など、自分の職場や関係先の近くを選ぶと移動時間が短くて済みます。自由な時間もゆっくり過ごしたいと思うなら、駅から少し離れた場所にあるウィークリーマンションがお勧めです。駅周辺はレストランやカフェ、お店などが沢山ある分、人が多く騒がしいので落ち着いた雰囲気ではありません。よく家賃の目安として駅からの距離が近いと高め、遠くだと安めのマンションが多い中、横浜という地域では、徒歩2分と10分で比較しても、あまり差は見られません。それだったら、必要な設備が充実しているマンションで選ぶと納得できるウィークリーマンションに住むことができます。

設備の充実さで選びたい横浜のウィークリーマンション

ウィークリーマンションは、ただ単に新しくてきれいなだけでは借りる決め手にはなりません。付帯している設備が充実していると、余分な出費が抑えられます。スマホやパソコンが普及している現代社会ではWifiは欠かせません。無料のWifiがあると、それだけで月々の費用が削減できます。パソコンを使用する仕事もはかどります。家具家電が付いていると、購入する必要がありません。処分などの必要もなく、退去する際にも便利です。さらに、水道や光熱費が無料や定額の物件があります。家賃以外の費用がかからないか出費補予定が立てやすく、生活費が大幅に減ります。都会の横浜での生活は、より快適により便利に過ごしたいものです。自分の都合に合わせて駅近あるいは駅より離れた場所、設備充実物件など、充分に検討して借りるようにしましょう。