パターン別で見る横浜でのウィークリーマンションの利用シーン

神奈川県の県都である横浜市は、県下最大規模の都市です。横浜には国内外から多くの方がビジネスや観光を目的に訪れ滞在します。その際、ビジネスホテルなどの宿泊施設を利用する人が多い中、滞在期間が1週間程度の短期から中期の場合、ウィークリーマンションを利用する人が増えています。インターネットの普及に伴い手軽に簡単手続きできることと料金がリーズナブルなため利用の拡大に結び付いていると考えます。利用目的は個人の場合、数日間の横浜観光や自宅改築による一時的住居など様々です。一般企業でも経費削減や業務の効率化を図るため出張や研修の宿泊先、また短期派遣社員の寮として利用しています。このように幅広い利用が可能であり、しかも契約は使用日数の賃料となりますから短期の利用に最適なのがウィークリーマンションです。

横浜でウィークリーマンションを活用した具体的な事例

横浜には駅周辺から港までのベイエリアや有名な商店街を含めて繁華街と観光スポットが特徴の街であり、都心より交通アクセスの良さも加わり人気都市となっています。そのため観光や仕事で横浜に数日間滞在するため駅周辺のウィークリーマンションを契約する人が増えています。一方、観光や仕事以外でもウィークリーマンションを活用されるようになっています。例えば横浜の病院に入院中の家族の看護のため病院の近くに仮住いを構えたい場合や大学の受験シーズンに横浜を含め近辺の数校を受験するためというように利用目的は拡大傾向となっています。利用拡大の理由は、ウィークリーマンションには生活に必要となる基本的な家電や家具が備わっており身体ひとつで入居後すぐ普段の暮らしが営めるからです。またビジネスホテルは一泊二泊程度なら適していますが、それ以上となると洗濯や自炊は困難で都合が悪くなると考えられます。

横浜など大都市のウィークリーマンション利用頻度と実態

ビジネスホテルと比べ快適で利便性に優れたウィークリーマンションの最大の特徴は、何といっても賃貸契約のマンションよりコストパフォーマンスが高いところです。横浜を含め大都市には多くの民間企業や官公庁、病院、学校などの公共施設が多く、流入人口の多さが際立っています。ホテル等の宿泊施設も繁忙期は満室が続き宿泊先の確保が困難となります。そんな状況下、ますますウィークリーマンションの利用頻度は高まり、リピートと新規申し込み両者とも増加傾向にあるようです。加えてウィークリーマンション管理会社は空室状態を避け恒常的に収益を生み出すため、閑散期に賃料のスペシャルプライスを期間限定で提供するなど魅力的な特典を定期的に訴求しています。このような施策によって、個人と法人ともに利用者が着実に増加しているのです。